対馬への修学旅行奨励のお願い 【転載】

_

Yahoo!ブログ 倉西雅子さまの 
時事随想抄〜国家と国民のための政治を考える  
より転載させて頂きました。
この記事のURL: http://blogs.yahoo.co.jp/gakumonnoiratume/67663210.html


   【転載】ここから


 新年を迎え、心なしか、日差しにもやわらかさを感じるようになりました。とはいえ、我が国には、問題が山積しており、今年も、気を引き締めて頑張らなければならない年となりそうです。
 
 ところで、中国や韓国への修学旅行が、近年、問題となる折、対馬への修学旅行を奨励してはどうかと考えております。以下に、お願いの意見書を認めましたので、拡散の協力をいただけいましたならば、幸いです。本記事は、リンク・フリー、トラックバック・フリーに設定しており、また、フェースブックをご利用の方は、「納得したらシェア」もごお使いただけるそうです。また、お近くの議員の方々、並びに、教育委員会等への送付という方法もございます。有志の方がおられましたならば、お手数でなければ、本記事のコメント欄に、送付先をお知らせくださいませ。ご負担にならない範囲でのご協力をお願い申し上げます。以下の文は、1000字ですが、送付先のフォーマットや字数制限に合わせて、ご自由にご利用してくださって結構でございます。どうぞ、よろしくお願い申し上げます。



   対馬への修学旅行奨励のお願い

「明治時代より、我が国では、学校教育の一環として修学旅行が実施されてまいりました。近年では、「平和教育」の名のもとで、中国や韓国を訪問する学校もあり、近現代史に縁のある博物館や史跡をめぐるスケジュールが組まれているそうです。

 しかし、両国は、長年にわたり反日教育を実施しており、修学旅行が、捏造や誇張の混じる自国中心の「歴史認識」を日本人生徒に植え付けるための、対日洗脳プログラムへの参加となる怖れがあります。両国における治安や衛生問題に加え、領土をめぐる緊張が高まる折、こうした懸念を考慮しますと、中国や韓国は、修学旅行先として適切とは思えません。
 
 この点、交通の要衝でもあった対馬は、貴重な学びの場となります。大陸・半島と一衣帯水にある対馬の歴史は波乱に富み、幾度となく、国家的な危機をくぐり抜けてきたからです。対馬は、『日本書紀』や『古事記』において、国産みの段にその名が見え、最古の遺跡は、縄文時代に遡ります。白村江の戦いの後に建築された金田城、元寇の激戦地跡、朝鮮出兵の兵站基地であった清水山城、明治期に対露防衛のために建造された対馬要塞など、激動の歴史を偲ぶ遺跡は枚挙に遑がありません。また、古来、対馬は、新羅からの朝貢使節と日本国からの遣新羅使とが行き交う地であり、室町時代に始まる朝鮮通信使も、対馬を寄港地として京都や江戸に向かっています。中継貿易で栄えた対馬藩は、江戸期には、李氏朝鮮との外交や通商の窓口ともなりました。そして、現在、対馬には、陸上自衛隊の対馬駐屯地が置かれ、我が国の西の国境を守っております。

 面積は、700平方キロメートルに過ぎませんが、島内の遺跡や史跡、寺社仏閣を一巡するだけで、諸外国との関係の光と影を踏まえつつ、日本国の歴史の歩みを再確認することができます。中国や韓国への修学旅行から学ぶ歴史は、両国が歴史の一面を恣意的に切り取りとって主観的に脚色したものに過ぎませんが、対馬が包摂する歴史は重層的であり、訪れる者に、歴史を多面的に考える機会を与えてくれます。

 対馬への修学旅行校が増加すれば、疲弊している対馬経済も、韓国からの観光客頼りから脱却することができます。日本国の生徒や学生に対する教育効果、並びに、国境の島である対馬を守るためにも、修学旅行先として、ぜひ、対馬を奨励していただきたく、お願いを申し上げる次第です。」


   【転載】ここまで



対馬へは私個人の旅行経験もあり、このアイデアを目にし早速エントリーにさせて頂きました。
対馬へは初夏に福岡空港から空の便で、壱岐へは真冬の閑散期に船で行きましたが、それぞれ違う季節に再び訪れたいものです。


壱岐(いき)、対馬(つしま)とは長崎県の島ですが、福岡市からの交通機関が充実しています。

こちらが対馬観光物産協会WEBサイトです
http://www.tsushima-net.org/

福岡を経由しての旅行日程が組めるかたなら、福岡にもう1泊滞在し、太宰府天満宮と九州国立博物館を訪れるのも良いかもしれません。
福岡空港、博多駅、博多港はそれぞれ近く、また太宰府方面への交通の便も整っています。

福岡市から太宰府へのアクセス
アクセスガイド|太宰府観光協会

学問の神様と菅原道真公を祀った太宰府天満宮
太宰府天満宮WEBサイト菅公歴史館 | 太宰府天満宮

その隣には国内で4番目に開館した九州国立博物館があります。
九州国立博物館WEBサイト九州国立博物館:トップページ

ちなみに福岡市では博多の総鎮守、櫛田神社で毎年7月1日から15日は「博多祇園山笠」の奉納の期間で、観光客が集中します。
5月の連休の「博多どんたく」以外でも、この山笠期間中は宿泊先の確保がかなり大変らしいので、念のため下調べをおすすめします。

この提案のフォーマットを作成された倉西さまは現在、対馬観光物産協会との連絡で受け入れ態勢などの状況の確認を進められているとのことです。
具体的な修学旅行アレンジのための情報掲載も検討されているようなので、転載元 http://blogs.yahoo.co.jp/gakumonnoiratume/67663210.html へのご訪問もよろしくお願いいたします。

教育関係者と保護者の皆さんのご協力で、対馬をはじめ国内の歴史や日本の文化を学ぶ修学旅行により注目が集まることを願います。

_