修学旅行・行ったつもりツアー 【転載】

exciteブログ mamimami77772さまの 
私達の愛する国 日本よ永遠に Japan Forever
より転載させて頂きました。
この記事のURL:http://kawaiimog.exblog.jp/18114265/

   【転載】ここから

今回は「対馬へ修学旅行に行ったつもり」ツアー!

今月予定していた「対馬うまいもんツアー」が参加人数不足のためキャンセルとなってしまいました。あまりにガッカリしたので、取りあえず対馬旅行をイメージして気分だけでも味わうことにしました。


対馬の「ミヤマホオジロ」 雌雄ともに頭頂の羽毛が伸長(冠羽)する。尾羽の色彩は褐色で、外側の2枚ずつに白い斑紋が入る。種小名のelagansは「優雅な」の意。オスは冠羽がより発達する。


「対馬プロジェクト」を始めるきっかけを作って下さった倉西雅子様のブログ、時事随想抄のご紹介
修学旅行は韓国ではなく対馬へ! - 時事随想抄 - Yahoo!ブログ 対馬への修学旅行奨励のお願い - 時事随想抄 - Yahoo!ブログ
なお、対馬に修学旅行をした中学校、高等学校を教えて下さったあきら様猫まっしぐら - Yahoo!ブログありがとうございました。


「対馬プロジェクト」が始まって以来、色々調べるに従って”なんてきれいな島なんだろう! ”とうっとりするばかり。
前回までは手つかずの自然を楽しむ記事ばかりでしたが、今回は既に「対馬・修学旅行」を実施された「法政第二中学校」の生徒さんと同じコースを辿ってみる事にしました。対馬観光物産協会ブログの記事を参考にしました。

★2009年9月、修学旅行を対馬で学ばれた「法政第二中学校」の生徒さんは、次の様なコースを辿りました。(修学旅行のテーマ:日本文化の源流を学ぶ)
壱岐・対馬・唐津・平戸などを巡りながら、日本の歴史・文化について学ぶ計画。対馬では対馬藩主宗家の菩提寺・万松院(ばんしょういん)を歩き、国指定特別史跡・金田城跡(かねたじょうあと、かねたのき)をトレッキングとシーカヤックで巡りました。


当エントリーの対馬の美しい野鳥の写真は、対馬在住の3/9 南風 (3/11記) : ゆるるばってん沈まんばい的生活 in 対馬さまのブログから、ご許可を戴いて転載させて戴きました。素晴らしい対馬の自然と野鳥の写真の数々をゆるるばってん沈まんばい的生活 in 対馬で是非ご覧ください。


対馬のルリビタキ」 体側面はオレンジ色の羽毛で覆われ、英名(flanked=脇腹、側面)の由来になっている。腹面の羽毛は白い。尾羽の羽毛は青い。
種小名cyanurusは「青い尾の」の意。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★羽田を出発して長崎空港着〜壱岐空港〜フェリーで対馬となります。
羽田から長崎空港まで1時間55分、そこから約30分で壱岐空港に到着です。壱岐空港はこんなに小さくて素朴。 2枚目の待合室も区役所の出張所のようです。


壱岐は1時間半もあれば、車で一周できるほどの小さな島ですが、そこには155以上の神社仏閣があります。その中でも、日本神道の発祥の地と言われる「月読神社」を参拝して、まずは旅行中の安全をご祈願します。
木々がうっそうと茂る森の中、急な石段を上りつめた先にお社がございます。 古くは「山の神」と称されていました。

★古事記によれば、イザナギの命が黄泉の国から帰られたとき、筑紫の日向橘の小戸の阿波岐原において、禊祓い(みそぎばらい)され、左の目を洗われたとき天照大神(あまてらすおおみかみ)、右目を洗われたとき月読命(つきよみのみこと)、鼻を洗われたときスサノウの命がお生まれになった。
この三柱の神を特に三貴神(さんきしん)と呼び他の大神とは別格と記されている。


Wikipedia:長崎県http://ja.wikipedia.org/wiki/%C3%A6%C5%93%CB%86%C3%A8%C2%AE%E2%82%AC%C3%A7%C2%A5%C5%BE%C3%A7%C2%A4%C2%BE_(%C3%A5%C2%A3%C2%B1%C3%A5%C2%B2%C2%90%C3%A5%C2%B8%E2%80%9A)


ご案内を拝見すると「御神徳 すべての願い事がかなう」とある有難い神様です。


つい先日「対馬」のお寺では仏像が盗難にあい、韓国は返却に応じていないようですから、155の神社仏閣を有する壱岐も充分な警戒が必要です。ちなみに対馬の海岸にはこの様な注意書きが見られます。


なお12日の報道によれば、韓国側は「盗んだ仏像とは別の仏像を渡したい。」と話しているとの事。
時事ドットコム


★壱岐では日帰り型から4〜5日間の宿泊型まで、自然体験を学習できます。
壱岐体験型観光受入協議会では、「探そう!自然体験」として子供のための自然体験活動を実施しています。こちらの団体・組織の一覧から、楽しそうな自然体験を申し込む事も出来ますよ。

★例えば、壱岐の新鮮なイカを使って楽しい一夜干し作りが体験できます
問い合わせ先:壱岐体験型観光受入協議会 http://www.orc-air.co.jp/iki/1113/

壱岐の新鮮なイカを使って一夜干し作り体験。子どもから大人まで気軽に楽しめるこの体験は、2ハイのイカをさばいて一夜干しを作り、その後、ご自宅にお送りいたします。壱岐の思い出とともに、自分自身が手作りした本物のお土産をお届けできます。
所在地811-5512長崎県壱岐市勝本町東触  お問合わせ番号0920-45-3322

開いたイカを、回転式ハンガーのようなものに引っかけて、クルクル回転させて乾燥させるようです。とっても楽しそうで、すぐにでもやってみたくなります。


イカがクルクルと回転中です。

イカの一夜干し作りを終えて、自宅に発送する手続きを終えたら、フェリーで対馬に移動です。フェリーで約2時間半を要しますので、日頃の時間に追われた生活から解放されて、ゆったり船からの景色を楽しみたいものです。
壱岐・芦辺発着所から対馬・厳原発着所まで、所要時間は2時間強で料金は大人一人2,080円です。

http://www.iki-tsushima.com/ferry_jikan.html

さあ、次は対馬です。フェリーから見た壱岐にお別れです。(4−travelからお借りしました。)

明日は対馬のご紹介となります。