海上自衛隊の次期哨戒機P1、日本の海守る純国産ジェット


海上自衛隊に配備される国産哨戒機P1。日本の海を守る新しい機体が納入された =26日午前、岐阜県各務原市(大塚聡彦撮影)

海上自衛隊の次期哨戒機P1、日本の海守る純国産ジェット - MSN産経フォト 2013年3月26日 より

 *** 撮影場所 川崎重工業岐阜工場(岐阜県各務原市)***

 潜水艦や水上艦の動向を探知する海上自衛隊の次期哨戒機P1の納入式が26日、川崎重工業岐阜工場(岐阜県各務原市)で開かれた。

 納入された2機は神奈川県の厚木基地に配備され、約2年間の試験飛行を経て、海上の警戒監視に当たる。P1は現在のP3C哨戒機の後継で純国産のジェット機。

川重によると、搭載された電子機器から発生する電磁波の影響を避けるため、翼のフラップや方向舵などの制御システムに光ファイバーを通じて操縦信号を送る世界初の実用機という。

防衛省によると、P3Cと比べて高速性などの点で勝り、レーダーの探知能力も向上した。海自は保有するP3C約80機をP1約70機に置き換える計画を進めている。

2001年から、防衛省技術研究本部と川重が開発を進めてきたが、途中で主翼などにひび割れが見つかり、開発完了が約1年間遅れていた。  

納入式の前に報道陣に公開された、海上自衛隊に配備される国産のP1哨戒機 =26日午前、岐阜県各務原市(大塚聡彦撮影)


海上自衛隊に配備される国産のP1哨戒機 =26日午前、岐阜県各務原市(大塚聡彦撮影)


P1哨戒機に搭載されている国産のF7-10ターボファンエンジン =26日午後、岐阜県各務原市(大塚聡彦撮影)


海上自衛隊に配備される国産哨戒機P1の機体後部 =26日午後、岐阜県各務原市(大塚聡彦撮影)


国産哨戒機P1の機体後部 =26日
**********************************

一方、飛行機が目にとまるカナダでの何とも平和な話題です。


中国からのジャイアントパンダを載せてトロントに到着したフェデラル・エクスプレスの特別機(ロイター)

ページが見つかりません - MSN産経フォト 2013年3月26日より


 *** 撮影場所 カナダ トロント•ピアソン国際空港 ***

カナダ・トロントのピアソン国際空港に25日、中国からペアのジャイアントパンダが到着した。

カナダのハーパー首相夫妻も空港で出迎えた2頭のパンダは、雄の「大毛(Da Mao)」と雌の「二順(Er Shun)」。

中国から今後10年間、カナダに貸与され、最初の5年はトロント動物園、残りの5年はカルガリーの動物園で公開されるという。 


到着したパンダをのぞき込むカナダのS.ハーパー首相

**********************************

上野動物園を始めとして日本でも飼育されているパンダ。中国から寄贈されていると思っていた人も多いと思いますが、中国以外にいるパンダは中国からのレンタルです。
レンタル料が年間100万ドル(約1億2000万円)。さらにパンダの子供が生まれると1頭につき60万ドル追加費用が発生するらしいことが特集:パンダ貸します 2006年7月号 ナショナルジオグラフィック NATIONAL GEOGRAPHIC.JPに掲載されています。全世界共通レートらしいのですが、韓国ではこの高額のレンタル料の支払が厳しいとの事で中国へパンダを返還した話もあるそうです。

カナダでもこのニュースをTVで大きく報道していたので、カナダ人の主人に「これって貸出しなんだよ、寄付でもなんでもない。料金も高いんだよ〜、知ってた?」と聞いてみると驚いていました。

10年間もパンダをレンタルしたカナダ。
動物園の来園者は増えるでしょうがレンタル料を払ってまでパンダを迎える国々の思惑が気になるところです。