読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スマートビエラのある生活【転載】

この夏休暇で出かけ、ある事情でネット回線が繋がっていないところに暫く滞在しました。
PCもネットも普通に使う生活に慣れた後でのこの環境はとても不便でした。

でも考えると自分の人生はTV、ラジオと新聞があれば事足りた生活の方が長いのです。

そこで、ふと私の身近な人達を見てみると、男女問わずPCをどんどん使いこなすお年寄りと、全く旧式の生活のお年寄りの両方がいます。
旧式というのは、テレビと(仕事もしていませんから)限られた知人との会話だけが情報の全ての生活です。

生活環境や年代によっては、今もこういう生活を送る人がまだ大勢いるだろうな、と思い空恐ろしくなります。
そのような人と会話(というより英語勉強のために聞くだけか質問することが主ですが)していると、旧式生活者では「あの人がこう言ってた」「テレビで誰それがこう言ってた」が大半を占めるからです。
聞いたことに対して「でも何でだろうね」「その先の話はどうなるの?」が出ない姿を見ていると、放送業界が企めばこの人達を操作することはそう難しくはないだろうと思うのです。

幸い日本ではTVをつければネットも使えるものが出たそうですね。
これはPCは敷居が高かった人達に良い選択肢になることでしょう。

そして(やはり)放送業界から反発を受けているとか。色んな意味で脅威なのだと想像がつきます。
日本国のためになるTVなら肩も持ちたくなりますが、到底そうは思えません。理由はそこかしこに転がっているので書きませんが。

PCでテレビ、テレビでPC。選べるなら、どちらも良さそうです。

そういう訳で、前置きが長くなりましたが「こ〜れは普及すべし!」という記事の転載です。

Yahoo!ブログ Watch_Compassさまの
「くにしおもほゆ」羅針盤を見誤ることなかれ
より転載させて頂きました。
この記事のURL:
(1)http://blogs.yahoo.co.jp/watch_compass/10131146.html
(2)http://blogs.yahoo.co.jp/watch_compass/10217197.html

   【転載】ここから

   ★パート1
スマートビエラのある生活  おじいちゃんおばあちゃん編 身近なお年寄りを偏向報道から守ろう

高齢者はネットに関わらない人が多いです。
だから、テレビの悪意ある報道に操られています。
いくら説明しても聞く耳を持ちません。

幸いなことに、テレビをONにした画面でテレビ放送とネットを選べる「スマートビエラ」が出ました。
民放はその影響に恐れおののいて、全ての局でCMを拒否しました。(表向きの理由は、TV放送とネットを誤認させるからだとのこと)

あなたの大切な人に、メディアを見る目を開眼してもらいましょう。
このCM動画をビデオなどで録画して届けましょう。
「ニュースなど報道番組は捏造だ」と説得するよりも
「楽しいテレビが出たよ」と勧めたらその気になってくれるかもです。
いっそのこと、プレゼントはいかがですか。
楽しい想いをしてもらって、しかも開眼してもらって、世代間の価値観を小さくしましょう

このテレビは日本のメディアに革命を起こします。
だから私はどんどん広めます、勧めます。

   ★パート2
スマートビエラのある生活 お父さん編 テレビ放送の力を衰退させましょう

ネット国民は、全民放がCMを拒否したTV「スマートビエラ」を、意地でも普及させ、偏向放送局の影響力を衰退させましょう。
それに、結構便利そうですよ。

   【転載】ここまで

「全民放がCMを拒否した」のなら、他の手で【大拡散】です。