「戦時中の賠償」を認める「韓国の裁判所」と陰で支える日本人

サーチナが今年の始め頃「【韓国BBS】韓国は先進国?経済は先進国だが、国民は中進国」という記事を書いていました。
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=0125&f=national_0125_010.shtml
一般人の書き込みを紹介していて、少しは自分達のことは見えているようです。
でも「中進国」とは往生際が悪いです。
どの部分を見るかによっては「発展途上国」と言われれば、まあ、そうかなと一瞬納得しそうになりました。
が、いやいや、そうではないでしょう。
一見近代的な建物がそびえ立ちインフラが整備されていたとしても、国のあり方や国民の行動を見れば「発展の途上にある国」とさえ思えません。
司法制度ひとつとってみても、対馬の仏像返還差し止めしかり、本エントリーのタイトル通り「戦時中の賠償」に関してもそうです。
偽証罪が日本の165倍、誣告罪が305倍、詐欺事件は(世界でもトップクラスの)13倍以上という韓国です。
もし万が一かれらが反日姿勢をやめたとしても到底信用できる民族ではないと言えます。
そもそもこのような数字を出してしまうような国と国民です。
「賠償」と称して稼ごうという魂胆にしか見えません。

このような国には「悪いけど、他あたってちょうだい」と、日本の姿勢をキメましょう。

Yahoo!ニュース(弁護士ドットコム)で、丸山弁護士の協力のもと問題点の解説がなされていました。


 「戦時中の賠償」を認めた「韓国の裁判所」
    どこが問題なのか?

  弁護士ドットコム 10月16日(水)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131016-00000862-bengocom-soci&pos=3 より

戦時中の強制労働をめぐって、日本企業に賠償を命じる判決が、韓国の裁判所で相次いでいる。7月10日には、ソウル高裁が新日鉄住金(旧新日本製鉄)に対して、第二次世界大戦中に徴用した韓国人4人へ計4億ウォン(約3500万円)の賠償を命じる判決を出した。

また7月30日には、韓国人の元徴用工5人が三菱重工業を訴えた裁判で、釜山高裁が1人あたり8000万ウォン(約700万円)の賠償を命じる判決を下している。このほかにも、同様の裁判が4件争われているということで、さらに同じような判決が続く可能性がある。

戦時中の韓国人徴用工の問題については、1965年の「日韓請求権協定」で解決済み、というのが日本政府の立場だ。菅義偉官房長官も9月に「日韓請求権協定がすべてだ。ここで支払うようなことがあったら、すべてが崩れてしまう」と発言している。

新日鉄住金と三菱重工業は今後、韓国の最高裁で争うことになると見られるが、この裁判にはどのような問題があるのだろうか。国会議員でもある丸山和也弁護士に聞いた。

●「司法が政治の道具になってしまっている」

「外国での判決の効力については、民事訴訟法が関連します」

このように述べながら、丸山弁護士は次のように説明する。

「民事訴訟法118条は、次の4要件がそろう場合には、外国の判決の効力が認められると定めています。

(1)法令や条約により、外国裁判所の裁判権が認められること

(2)敗訴の被告が、訴訟の開始に必要な呼出しや命令の送達(公示送達やそれに類する送達は除く)を受けたこと、または、これを受けなかったが応訴したこと

(3)判決の内容と訴訟手続が、日本における公の秩序や善良の風俗に反しないこと

(4)相互の保証があること

最後の「相互の保証」とは、外国人の権利に関して、その外国人の本国が、自国民に同等の権利を与えることを保証することを言います。つまり、A国の国民からB国の国民に対する請求が認められるには、B国の国民からA国の国民に対する請求が認められることが前提となります」

このように外国の判決の効力が認められる要件を説明したうえで、「本件に関しては、上記4要件はすべて認められるとされました」と丸山弁護士は述べる。

では、今回の判決が確定した場合、日本企業は賠償の支払いに応じなければならないのだろうか。ここで問題となるのが、日本と韓国の間の特殊事情である「日韓請求権協定」だ。

「新日鉄住金としては、日本と韓国の間で、戦時中の請求権がすべて消滅したものとする『日韓請求権協定』が締結されていることから、そもそも請求権が消滅しているとして請求が認められないと主張しました。

しかし、韓国の高等裁判所は、強制労働を理由とする損害賠償請求権については日韓請求権協定の対象外であると判断したのです。これは日韓請求権協定という国際上の約束を国内法で覆すものであり、まさに言語道断の判決です」

このように丸山弁護士は批判し、「韓国では司法が政治の道具になってしまっており、韓国は法治国家としての体をなしていないとすら言えるでしょう」と憤っている。今後、韓国の最高裁がどのような判断を下すのか、注目されるところだ。

【取材協力弁護士】
丸山 和也(まるやま・かずや)弁護士
1946年、兵庫県生まれ。73年に弁護士登録(東京弁護士会)。78年にワシントン大学ロースクール卒業。弁護士活動のかたわら、テレビなどで幅広く活躍。「行列のできる法律相談所」で人気を博した他、「24時間テレビ」で100kmマラソンを完走した。2007年から現在まで参議院議員(全国比例)を務めている。
事務所名:弁護士法人丸山総合法律事務所

弁護士ドットコム トピックス編集部

          **************

これとは別に全く違う話題をブログで読む最中に、この訴訟問題は日本国内での反日日本人の活動ともつながることに気が付きました。
歴史ナビゲーター井上政典氏のブログ http://ameblo.jp/rekishinavi/ によると、
長崎に朝鮮人被爆者の追悼碑というものがあるそうです。


http://www.city.nagasaki.lg.jp/peace/japanese/map/detail/inori/tsuito_chosenjin_giseisha.html

原爆で亡くなられたのは日本人だけでないのは分かります。
アメリカ人でさえ亡くなっています。
【6119】 ヒロシマで原爆被爆死した米兵 : 【吉備野庵】
米兵が捕虜として広島にいたのはアメリカは知っていたはずです。

本当に世界平和を願って朝鮮人被爆者の追悼碑を建てるのなら、アメリカ本土の慰安婦碑の隣にも建てれば良いのです。

そして、この追悼碑は在日南北朝鮮の団体ではなく、なんと「長崎在日朝鮮人の人権を守る会」という日本人組織が設置したというのです。
"韓国人被爆者にも補償を" …長崎に鳴り響いた‘アリラン’ : 政治 : ハンギョレ では「原爆被害68周年追慕集会 開催」として今年8月報じています。

以下 地道に地域の活動をする人と日本の足をこれでもかと引っ張る人(長崎の朝鮮人被爆者慰霊碑の闇)|井上政典のブログ から一部抜粋して紹介します。
 

 長崎に朝鮮人被爆者の追悼碑があります。これだけだと追悼という崇高な目的のために建てられたと思うのですが、実はそこに大きな裏があったのです。
 この本当の目的は、朝鮮人・韓国人の三菱重工強制連行訴訟に合わせて世論形成のために設置されたものだというのです。

 これを民団や朝鮮総連が建てたのならその意図も明確なのですが、「長崎在日朝鮮人の人権を守る会」という日本人組織が設置したのです。

 そしてその実態は中核派なのです。長崎大学の高實康稔という仏文学の元教授が中心となっているもので、今年の原爆の日には、あの山本太郎も慰霊に訪れたそうです。

 この高實氏は佐賀県の無量寺という曹洞宗寺院に安重根の慰霊碑を設置した張本人で、曹洞宗の左傾化に合わせて宗内の人権講習を担当している人物であり、曹洞宗HPにもその名が出てきます。

  《 参考 》
 韓国・朝鮮人被爆者問題を考える
 http://www.geocities.jp/tsutaennba/kako005.html

 日本にもあった安重根の記念碑!しかも2ヶ所も!佐賀県の無量寺が境内に安重根記念碑を建立!


 こともあろうに安重根義士と刻まれている!     

ついっぷる(@mouyamemasuさん 2012年05月06日 / http://p.twipple.jp/jiW7Y)からお借りしました。
『自分からすれば、日本国の初代内閣総理大臣ですよ、千円札の肖像画になられた方ですよ、その恩方を暗殺したテロリストを記念し奉る碑ですと!何が安重根義士だ?東洋平和祈願ですと!気持ち悪いです、全く信じられません。佐賀県無量寺5月5日撮影。』
  
参考ついでに、カナダのPeace Philosophy Centreというサイトをご覧下さい。
私はカナダに来て随分時間が経って気が付いたのですが、反日サヨク日本人はカナダも侵蝕しています。
http://peacephilosophy.blogspot.ca/2013/08/blog-post_26.html 
ここでも高實「平和資料館館長」と長崎原爆の日の「朝鮮人犠牲者追悼集会」を紹介しています。

一体かれらは日本をどんな国にしてしまうつもりなのか...いえ、想像したくもありません。
やれ平和だ人権だ放射能汚染だと、それを武器に純粋に自分の子供達の世代に不安を抱くだけの日本人を汚染しているのは実際のところ、こういう輩です。
日本が気高く平和のために尽力してきた国だと証明されては困るのは特亜三国、それらを利用しツルむ欧米人、日本国内外で反日活動を展開する日本人です。

井上氏の記事(長崎の朝鮮人被爆者慰霊碑の闇)から再度、言葉をお借りしました。
 

 表面だけを見ないでだんだん正体を現した売国奴たちの本性を見つめてください。

 そしてこれを少しでも多くの人に知らせて、彼らの罠に日本政府が入らないようにしましょう。