読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

外務省公開の竹島動画にかの国w脊髄反射

   外務省が公開した竹島に関する動画
今後、英語や中国語・韓国語を含む10の言語に翻訳してインターネットに掲載されるそうです。


 http://www.youtube.com/watch?v=TXg-NGVKuWI

今月16日に公開され現在(日本時間で)10月24日正午ちかくですが、既に17万8800回再生されています。
うち低評価が944ポイント。どんな輩かは簡単に想像がつきます。

竹島 | 外務省では

  竹島 
 法と対話による解決を目指して

 と題した「竹島フライヤー」(pdf)もあります。 
http://www.mofa.go.jp/mofaj/area/takeshima/pdfs/takeshima_flyer.pdf


これに対する反応は...南トン正常運転です。

 ◆ 共同→聯合ニュースによると(http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20131023/frn1310231531004-n1.htm
韓国政府は“挑発”とみなし、ソウルで日本側に「わが国固有の領土の独島(竹島の韓国名)についてゆがんだ歴史認識の下で不当な領有権主張を含む動画を制作し、国際的な公報に乗り出したことは絶対に容認できない」と抗議。追加の措置をとるかも検討しているという。一方で、韓国も13日に自国領だと主張する動画をインターネットで公開している。

 ◆ サーチナ(http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=1023&f=national_1023_079.shtml
韓国政府は23日、日本外務省が竹島(韓国名・独島)の領有権を説明する広報動画を制作し、動画サイトユーチューブに掲載したことについて、日本側に強く抗議した。複数の韓国メディアが報じた。
韓国外務省は「日本外務省の独島領有権を主張する動画の流布に対する報道官論評」を通じ、「日本外務省が韓国領土の独島について、荒唐無稽な領有権を主張する動画を制作し、ホームページに流布した。わが独島領有権を毀損(きそん)しようとする日本に強く抗議する」と主張した。
また、動画は「没歴史的、時代錯誤的な挑発行為」だとし、日韓関係の親善に障害となることを日本は痛感すべきだと主張。「ただちに削除の措置を取るよう厳重に要求する」とした。

 ◆ 中央日報(http://japanese.joins.com/article/457/177457.html?servcode=A00§code=A10&cloc=jp
       (http://japanese.joins.com/article/458/177458.html?servcode=A00§code=A10
日本、独島領有権の主張…“動画挑発”
昨年末の安倍晋三政権スタート後、日本政府は独島領有権に対する挑発の程度をますます高めてきた。過去類例がなかった新手の手法も次から次へと登場した。
2月22日、いわゆる「竹島の日」には内閣府の島尻安伊子・領土問題担当政務官(次官補級)を島根県に政府代表として派遣した。昨年までは政府代表が参加した例はなかった。

この他 The Korea Times でも動画の内容と共に英文記事にしています。
http://www.koreatimes.co.kr/www/news/nation/2013/10/120_144850.html


韓国マスコミは、このような日本の動きを「極右」安倍政権のせいにしています。
それをまともに受け取るのは反日教育しか受けていない韓国人か安倍政権が気に入らない反日サヨク日本人(成りすましも含む)くらいでしょう。
自国の領土を不法に占拠され、国民の命まで奪われては黙っていられない、当然の事です。
それを「極右」と非難するくらいの芸しか韓国にはないのでしょう。

安倍首相を始め、特亜のような出鱈目な相手に対して「その主張や行動は間違いだ」と言う政治家や著名人は、連中にとっては「極右」と書いて「脅威」を意味するのでしょう。

しかし本当の脅威はかつての宗主国である隣国です。
そうとは認識できない何かを備えた民族なのです。

ひとつだけ、かれらが発した事で納得いく言葉があります。

「歴史を忘れた民族に未来はない」

きっと自分達の今後の姿で証明してくれることだろうと楽しみです。