マレーシアでは「旭日旗」は植民地支配からの解放という「希望の旗」です【転載】

Amebaブログ、武蔵山タロウさまの「武蔵山タロウのブログ」から二日分の記事を転載させていただきます。

   【転載】ここから

2013年11月5日
マレーシアの中学校の歴史教科書に学ぶ「歴史教科書問題」。
元記事:http://ameblo.jp/musashinoyamataro/entry-11671832686.html

 ネットでマレーシアの国定の中学歴史教科書を見つけました。

 http://www5f.biglobe.ne.jp/~thai/page014.html  
 「マレーシア国定中学校歴史教科書」 
 :ホームページ「第二次世界大戦でのクンユアムの人々の日本の兵隊さんの思い出」という中のページです。

 マレーシアのアイーシャさんという方が、ペナン中学3年生のときに実際に使っていた教科書です。その内容に驚きました。嬉しい驚きです。マレーシアという国の教科書なのに、主役が我が祖国日本であるかのような内容です。
 明治天皇の御真影が出て来ます。日本の中学生はは勿論、大人でも知らないかもしれない山下奉文まで、マレーシアの中学生は勉強しています。
 負うた子に教えられたような心持です。

 教科書は、日本軍のコタバル上陸から始まっています。
 マレーシアがイギリスの植民地支配から独立するために、日本がマレーシアの近現代史において果たした歴史的役割が、教科書という公けの出版物によって、客観的かつダイナミックに、まただれも否定できない圧倒的な事実として物語られているのに驚かされます。この国のこの教科書の歴史観は、間違いなく、日本を「侵略者」としてではなく「解放者」と見ています。
 言語が読めないので、確定的には言えませんが、写真やサイトの各キャプションから推測しますと、明治維新以来の日本の近代化から説き起こし、日本軍のマレーシア侵攻と統治を経て、さらに独立運動が近隣諸国、インド(デリー)にまで及んだことにも触れ、広島・長崎と日本の敗戦に至る、ほとんど日本の近現代史そのものの教科書となっています。
 
 日本の近現代史の歴史教科書の執筆者の先生方。東南アジア諸国の歴史教科書から逆輸入して学んではいかがでしょうか?

 教科書の写真は、1ページ目から6ページ目だけ、以下に載せます。その下に載せた原文のコメントを読みますと、「驚き」以外のコメントしか出来ないくらいの大きな「驚き」が感じられますね。

 <以下 転載です>

1ページ目  
マレーシアの歴史は日本陸軍コタバル上陸から始まる



2−3ページ目 
明治天皇の御真影。近代日本の列強との対峙。



4−5ページ目 
日本のスローガンは、アジア人のアジア人によるアジア。

(*元記事には6−7ページ目あり:6日記事と同じ画像です/ 管理人)

 平成21年4月にマレーシア・ペナン在住のイスマイル・ビン・ラザク氏を訪問した。その時に、ペナン中学3年生お嬢様アイーシャさんより頂いたのが上記教科書である。現在使用されている、マレーシアの国定の中学歴史教科書である。
 マレーシアの歴史は日本軍のコタバル上陸から始まる。はっ、と驚いた。国史の1ページ・・・それが・・・。
それ以前の、数百年数千年の歴史はないのですか。とアイーシャさんに聞いた。愚問だった。マレーシアは52年の歴史しかなかった。
 ブリッティッシュの老獪そして狡猾な植民地政策。略奪を正当化するための愚民政策、人種を多層支配する分割統治。
 宗教は消され、歴史は消され、言葉は消され、文字を消される。教育はない、自由もない、生きている意味さえ見出すことがむずかしかった。この地で生まれたプライドさえ・・・。
 マレーシアのこの国定教科書に感謝したい。事実を伝えることがどんなに大変なことか。
 アイーシャさんにもう一度尋ねた・・・。「日本がコタバル上陸しなければどうでしたか」
 「マレーシアという国はなかったでしょう。今もブリティッシュの植民地のままでしょう」

平成21年4月28日

<以上 転載終了>

ぜひ、原文をお読みください。
 http://www5f.biglobe.ne.jp/~thai/page014.html  「マレーシア国定中学校歴史教科書」 

          ーーーーーーーーーーーーーー

2013年11月6日
マレーシアでは「旭日旗」は植民地支配からの解放という「希望の旗」です
元記事:http://ameblo.jp/musashinoyamataro/entry-11671878619.html

 その中で(マレーシアの国定の中学歴史教科書 *同前日記事より/ 管理人)、「旭日旗」を背景に、日本軍がマレーシアの民衆を植民地支配から助け出している構図の次の絵は、大変興味深いです。東南アジアでは、旭日旗は欧米列強の植民地支配からの解放という「希望の旗」なのです。

 旭日旗は「侵略」ではなく植民地支配の抑圧からの「解放」を象徴する、誇り高き「希望の旗」です。


6−7ページ目 
イギリスから、私たちマレー人を助けて下さい。
コタバル上陸の日本陸軍と進撃ルート。

   【転載】ここまで

ここ数日使っている無線LANの調子が悪く、ネット接続が頻繁に落ち使用不可能状態が続いていました。
そのため、転載のご了承を頂いてから時間が経ってしまいました。
武蔵山タロウのブログさまへあらためてお礼を申し上げます。