衆議院議員 三宅博氏「NHKは解体すべし!」

国営の鉄道も郵便局、電電公社もなくなり民営化されてしまいましたが、
よくもまあ、反日・偏向報道の「公営放送」NHKは生き延びてこられたものです。

「NHKの最高意思決定機関である経営委員会が、NHK執行部に対し、インターネットサービス充実のため、受信料制度の見直しを求めたところ、テレビがなくても全世帯から受信料を徴収する義務化を明記した回答文書を提出していたことが2日、分かった。」
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131203-00000012-mai-soci
このニュースを読み呆れ果てていたところ、

【歴史的質疑】三宅博『NHKを解体するのが日本の為だ!!』NHKを成敗!! 平成25年12月3日

というタイトルの動画がツイッターで流れてきました。

一見の価値有りです。

12月2日の衆議院総務委員会/三宅氏質疑の模様

http://www.youtube.com/watch?v=nKNQXEqBZsQ&feature=youtu.be

三宅議員のNHKへの質問中に出てきた問題点から、聞き捨てならない二点を抜き出しました。

_____________________________

◉16:30〜から

海上保安庁の職員数 12,636人
平成24年度 全予算(人件費以外の経費も含む) 1732億円

NHKの職員数 10,354人
平成23年度 人件費のみの予算 1819億円
_____________________________
   ↑
比べてみて下さい。
_____________________________


◉34:40〜から

NHKは尖閣諸島上空からの映像など軍事機密にあたる映像を撮影し放映しているため、自衛隊がこれを止めるよう申し入れをしているが、同局はこれを無視してきた。
_____________________________


こんなTV局に強制的に視聴料を払わされるって...何なんでしょう。

NHKは「公営放送局」の立場を返上すべきです。
反日と韓流好きの皆さんからの視聴料で運営すればよろしい。

この素晴らしい質疑をされた三宅議員のホームページです。
三宅博公式ウェブサイト