中東カンドゥーラの日本製生地を南鮮などがコピー→品質の違いで見破られる

中東の民族衣装を「カンドゥーラ」というそうです。

首相官邸HP/新たな成長戦略 〜「日本再興戦略-JAPAN is BACK-」
中東訪問−平成25年4月30日〜5月3日
http://www.youtube.com/watch?v=Z-KrcBnygQU&feature=share&list=UUogK43-0HpBQXPahOswXJ0gより


アラブの人達が着ている民族衣装といえば、その姿は思い浮かびますが呼び名を知ったのはこの記事【沖縄復帰・4 】世界に誇る匠の技 Japan as Number One : 主に【 対馬 】を応援するブログです
を読んだときが初めてでした。
(転載もさせて頂きました。 http://d.hatena.ne.jp/b-co811/20130602/p2

思わぬところで日本の製品が愛されているのを知り、
今日はあらたにその品質の高さを再認識する記事を目にしました。

          **************
msn産経ニュース west
http://sankei.jp.msn.com/west/west_economy/news/131219/wec13121907010000-n1.htm 
2013.12.19 【ビジネスの裏側】より

中東民族衣装も「日本製」が大人気、世界で信用される「大阪繊維」の品質…ここでも韓国が日本製を“コピー”、でも「品質違う」と相手にされず

 サウジアラビアやドバイなど、中東諸国の男性が全身にまとう真っ白な民族衣装「カンドゥーラ」。この衣装の生地「トーブ」のほとんどが、実は日本製だということをご存じだろうか。高い品質は他国製品を圧倒する人気で、現地では日本製品のコピー商品まで流通。とりわけ、富裕層や晴れ着向けの高級トーブ市場は、大阪の繊維メーカーが独占しているのだ。


中東各国で縫製業者が厚い信頼を寄せる東洋紡のトーブ地。コピー商品横行で、商標やロゴ、サンプルは重要な確認資料だ(東洋紡提供)

 ■繁忙期はラマダン

 イスラム教徒が1カ月間、日の出から日没まで断食する「ラマダン」。毎年ラマダンが明けると、無事に断食を終えたことを盛大に祝う祭りの風景が見られる。

 現地の人々にとってラマダン明けは“ハレの日”だ。男たちは「晴れ着」として、新調したばかりのカンドゥーラを身に着け、肩を並べる。

 「1年で最もトーブが売れるのは、このラマダン明け向けなんです」。トーブを作り始めて約40年という東洋紡とシキボウの担当者は、こう口をそろえる。

 現在、中東諸国で消費されている日本製のトーブは約40〜45%。そのうち、高級品とされる消費量のほぼ100%が日本製というから驚きだ。


シキボウのトーブ地はドバイでも高い評価を得ている(シキボウ提供)
 その高級品の約7割を占め、トップシェアを握るのが東洋紡。その後をシキボウや、東レ子会社の一村産業が追う。汎用(はんよう)品である韓国やインドネシア製と比べ、日本製は価格で2倍ほどもする品だが、現地の人気は不動のものだ。

 ■しわになりにくい、速乾…機能性が人気

 もともと、トーブは綿100%で作られていたが、時代ごとに素材も変わってきた。綿にポリエステルを混ぜた綿混素材を経て、現在はポリエステル100%、レーヨンを混ぜたものなどにと様変わりしている。

 ポリエステルが採用されたのはしわを嫌う現地のニーズに応えたため。伝統的な民族衣装だが、現代は洗濯してもすぐに乾くといった機能性、使いやすさも重視されている。

 こうした合繊を使いつつも、柔らかな風合いを実現しているのが日本製の特徴だ。ハリを保ちながら適度なドレープ性があり、美しいシルエットを作れる。白一色ながら、国や流行によって微妙に異なる色調を出せる表現力、安定した品質を保つ技術力も圧倒的な支持を得る理由だ。


山と積まれた日本製のトーブ。国や流行によって、白一色のなかにも微妙な色の違いがあるという(東洋紡提供)


シキボウのトーブ地はドバイでも高い評価を得ている(シキボウ提供)
 ■なぜ民族衣装を輸入?

 日本の着物が国内で作られ、主に国内で消費されているように、基本的にその国の文化・伝統を担う民族衣装は地産地消が一般的だ。だが、トーブは日本製を始め、韓国やインドネシア、中国、パキスタンなど、すべてを海外からの輸入でまかなっている。

 その理由は「現地の風土にある」(東洋紡)。水不足が深刻な中東諸国では、生産に水が不可欠な繊維業は、物理的に難しいのだという。そのため、トーブに限らず、女性用の民族衣装に使われている「アバヤ」なども輸入に頼っている。

日本企業がこれほどトーブ市場に食い込めた明確な理由は不明だが、石油取引などで結びつきを強めてきた歴史や、日本人の正直さや勤勉さがビジネスパートナーとして信頼を得られたことも、大きな理由とみられている。


 ■ここでも日本製コピー品が…

 糸の開発から生地加工まで一貫して国内生産を貫く東洋紡は、長短繊維を1本の糸に混ぜるなどした複合繊維を武器に品ぞろえを強化。一方、高級品シェア2位のシキボウは、約20年のロングセラー「セルグリーン」でクウェートやカタールなど周辺国の開拓も進めている。

 中東諸国で繰り広げられる日本企業同士の激烈な競争。一方、現地では日本ブランドの人気ぶりに、韓国など他国企業の日本製コピー品も出回っているという。

 「“●●BO”は、中東諸国でブランドの証みたいなもの」と話すのは、シキボウの平田修・輸出衣料課長だ。

 現地では「TOYOBO」ならぬ「TOBOYO」、「Shikibo」ならぬ「Shekibo」などと印字された商品が横行。シキボウの商標である人魚マークも、そっくりそのままコピーされたものもあるとか。
ただ、「品質を確かめれば一目瞭然。現地では本物とコピー品が混同されることはない」そうだ。
(田村慶子)

          **************