マイケル・ヨン氏とミンディおばさんの火花は散るのか

_

アメリカ人ジャーナリスト、マイケル・ヨン氏(ツイッターより)
f:id:b-co811:20141120134201p:plain

ヨン氏は先月、慰安婦問題などの取材で来日したそうで
この方の発信に注目が集まっているようです。

産經新聞が報じたアメリカでの歴史教科書が問題な件
米教科書に「強制連行」「20万人の日本軍慰安婦」 LA公立高校(1/2ページ) - 産経ニュース
【慰安婦問題】「日本軍は14~20歳の女性20万人を強制的に徴用した」…史実と異なると外務省が米の高校教科書の是正を出版社に要請(1/2ページ) - 産経ニュース
で、この出版社ってどんなところよ、と検索していたところ
ヨン氏もこの件についてFBでもの申されていました。

f:id:b-co811:20141120143551p:plain
https://www.facebook.com/photo.php?fbid=10152512657465665


ヨン氏はコリア系のサイトが報じたこのニュース

Christianity Daily
をシェアしつつ

They should remove it. This is a big scam, and a Chinese information operation.
(こりゃ支那の大掛かりな詐欺で情報操作作戦やね。削除するべし。
  :管理人意訳)

と、スパッと歯切れ良く始まるコメント。爽快です。
その他の投稿も小気味よく、興味深い投稿がてんこ盛り。

一方、朝鮮人慰安婦20万人を否定する日本、安倍首相を目の敵にするのが
米国ワシントンD.C.に本拠地を置く研究機関「アジア政策ポイント : Asia Policy Point」のミンディ・カトラー代表です。

産經新聞ワシントン駐在客員特派員・古森義久氏からの情報で、このカトラー、ヨン両氏の存在が知られてきたようです。

【あめりかノート】慰安婦問題 国辱晴らすとき(1/3ページ) - 産経ニュース


このおばさん、つい最近ではあの反日NYタイムズの記事で「意見」し、
http://www.nytimes.com/2014/11/15/opinion/comfort-women-and-japans-war-on-truth.html?ref=opinion&_r=1
f:id:b-co811:20141120171215p:plain

昨年末の安倍首相の靖国神社参拝に関しては
f:id:b-co811:20141120172737p:plain
Sorry, Japan: Yasukuni Is Not Arlington | The National Interest

この人は日本を貶める壮大な使命のために生まれてきたに違いない。それも支那のために。
とまで思えてくるほど底意地の悪い記事ばかり。


これはアジア政策ポイント : Asia Policy Point(APP)のブログ(HPではないんですな)
f:id:b-co811:20141120180704p:plain

このブログ、見てみると大量のリンクが貼ってあります。
ただそれだけと言えばそうですが、なんだか不気味です。
広い交流のあるような有名ブロガーさんのブログも、他サイトやブログのリンクが沢山貼ってあるのを見かけますが、それとは違う雰囲気なのです。
それに「リサーチ・センター」と名乗るこの組織、どうやって成り立っているのかも不明です。

少し前に一度このおばさん何なのよと調べてみた時に出てきたのがこちら。


あちこちに寄稿したものを集めて掲載している模様。
http://www.academia.edu/aboutに掲載
f:id:b-co811:20141120185542p:plain


 2009年5月 支那ご訪問
f:id:b-co811:20141120190817p:plain
f:id:b-co811:20141120191039p:plain
ttp://www.yali.hn.cn/yalinew/detail.aspx?lanmu1id=21&newsid=1342

 訪問先はこの学校のようです
f:id:b-co811:20141120191311p:plain


ともあれ、支那朝鮮によるアメリカ国内での慰安婦プロパガンダに疑問を呈しているのがマイケル・ヨン氏です。
取材調査上、カトラーのような日本をモロ攻撃する人物を調べていない訳はないだろうと推測できます。
何が掘り出されるか分からないけど、カトラーさん覚悟はいいかい?と思いながら
APPブログ経由のツイッターを観察していると、

 ! カトラーおばさんは既にマイケル・ヨン氏のツイッターをウォッチ(フォロー)しています。
f:id:b-co811:20141120192623p:plain

日本の左な新聞テレビが報道できないような戦いが始まっているのかもしれません。
それとも何かの状況を察したのでしょうか。
表示の順番からすると、APPが一番最近フォローしたのがヨン氏。

フォローページには他にNYタイムズのタブチのアカウントも。
同じ穴の狢というやつです。


さて是非ともヨン氏には特大爆弾リポートの発表を期待したいと思います。


最後に外務省が掛合うという出版社米国本社のサイトで検索したところ
問題の教科書はこれらのどちらか?目次を見ると、どうやらこれっぽい。
f:id:b-co811:20141120153953p:plain
f:id:b-co811:20141120154005p:plain
McGraw-Hill Professional - Search Results


(上のどちらかが該当書なら)執筆者は
Jerry H. Bentley, 
Herbert F. Ziegler, 
Heather Streets Salter
と書いてあります。
調べてみると、このうち上の二人はハワイ大学マノア校の教授でBentley教授は故人です。

出版社マグロウヒル・エデュケ−ションは日本にも支社が
f:id:b-co811:20141120152211p:plain
こちらも気になりますが今回はこれだけ。

_