日本海海戦の日、明治38年(1905)対馬 【二次転載】

Yahoo!ブログ Watch_Compassさまの
「くにしおもほゆ」羅針盤を見誤ることなかれ
より転載させて頂きました。
この記事のURL:http://blogs.yahoo.co.jp/watch_compass/11792064.html
転載の転載です。オリジナルURLは記事中に記載されています。


   【転載】ここから

NAZCOさまのブログ『NAZCO☆中川図画工作所』より転載させて頂きました。
元記事のURL: http://blogs.yahoo.co.jp/jphrb866/25782633.html

(以下、転載記事)

日本海海戦の日、明治38年(1905)対馬

http://kyowanannohi.blog.fc2.com/blog-entry-93.htm...

バルチック艦隊撃破5月27日

http://markezine.jp/article/detail/5708


日本海海戦 行進曲 「坂の上の雲より」 - YouTube

動画へのコメント

三笠以外は全て日本製だから英国のおかげで勝てたのはおかしい

   返信
 三笠以外は全て国産ですって?それは、誤りです。明治期の軍艦は巡洋艦や戦艦などほとんどの艦艇が外国産でした。それだけの国力がなかったのです。日本がやっと列強と肩を並べる戦艦や巡洋艦を製造できたのは、大正、昭和に入ってからですよ。
しかし、いかに強い物を持っても、それを扱う人たちが愚かではダメですよね。これだけの艦艇を扱う技量を列強と同じように持てた日本人はすごいです。




 私の母の叔父が三笠に乗っていました。軍医でした。横須賀にある記念艦を見、一際感慨深いものがありました。日露戦で敗北していたら…と。戦争のない世界を願って止みませんが、資源獲得のためには軍事力もという、前近代的な国もあるようで、困ったものです。




 そもそも勘違いしてるが日英同盟なんて、世界からしたらとんでもないことだった。当時の英国は、超大国でアジアの片隅の小国と侮られていた日本と対等同盟など大どんでん返しだった。
この同盟は、露英の対立もあるが、その前に日本帝国軍の柴五郎中佐が、義和団の乱で類まれな大活躍と日本軍の規律の正しさに感銘したことが切っ掛けになっている。それが無かったら日本は、英国との同盟など出来なかったし、日露戦争も優位に進められなかった。


 結局は、日本人の優秀さがこの結果を導いたと言える。



 この海戦に勝利したからこそ今の平和日本があるのか…



 三笠って日本が作った軍艦に見える。


 艦を扱う人が凄かったんですね


 清国海軍もロシア海軍も、巨艦はみんなイギリス製。しょせんは人の叡智。李氏朝鮮は頑迷固陋で、開国文明化を拒否したため、今の状況となった。


 日本はイギリス製の軍艦使っていて性能よすぎたからかつことができたんだよ。

http://www.ms-plus.com/49600


http://homepage3.nifty.com/ryuota/20c/nihonkai.html
日本海海戦より

バルチック艦隊の航路
道中に自軍の根拠地がない状態で、地球を半周して40以上もの艦船を遠征させるというのは前例のない壮挙だったが、当然さまざまな困難がともなった。日本の同盟国イギリスの港湾は利用できず、ロシアの同盟国フランスも中立を保っていたためあからさまな協力はできなかった。そのため、艦船の修理やメンテナンス、2週間に1度の石炭積載などにきわめて大きな負担がかかった。弾薬の補給もないため、訓練も十分ではなかった。また、長旅、慣れない熱帯の気候、野菜不足から来る壊血病の蔓延により、兵士の士気と健康状態は最悪だった。万全の整備・訓練を行えた日本軍とは、この時点で大きな差がついていたのである。
詳細:日本海海戦

             20世紀の歴史
    日本海海戦 −世界を驚かせた完全勝利 −

日露開戦へ
 下関条約(1895年4月)により、日本は清に対し、?朝鮮の独立 ?遼東半島の割譲 ?台湾の割譲 ?賠償金2億両などを認めさせた。
 しかし、極東で南下をねらうロシアがドイツとフランスとともに、遼東半島を清に返還するよう日本に圧力をかけてきた。日本はやむをえず、代償金3000万両とひきかえに返還せざるを得なかった。これが、三国干渉である。国力のなさを痛感した日本は以後、国家予算の3〜5割を投入し、軍備を整えていく。海軍も、イギリスから多くの軍艦を購入することで急速に拡大した。
詳細:日本海海戦


【軍歌】元寇 - YouTube

元寇(げんこう)は、1892年に発表された軍歌。
作詞・作曲共に永井建子。
元の襲来(元寇)をテーマにした歌で、人籟居士の歌として世に出た。
永井建子は旧日本­陸軍軍楽隊士官(男性)。

日清戦争前の1890年代に、国民鼓舞の目的から元寇 撃退を記念する運動が起こった際作られた曲。

日清戦争を戦った将兵の士気の大きな原動­力ともなり、内地の国民の間でも幅広く愛唱された。

清国を「元」になぞらえて作られた­曲である。

大正天皇も愛唱しよく口ずさんでおられたという。


※(著作権は作詞・作曲共に消滅)

一、(鎌倉男児)
四百余州(しひゃくよしゅう)を挙(こぞ)る
十万余騎の敵
国難ここに見る
弘安四年夏の頃
なんぞ怖れんわれに
鎌倉男子あり
正義武断の名
一喝して世に示す


二、(多々良浜)
多々良浜辺の戎夷(えみし)
そは何 蒙古勢
傲慢無礼もの
倶(とも)に天を戴かず
いでや進みて忠義に
鍛えし我が腕(かいな)
ここぞ国のため
日本刀を試しみん


三、(筑紫の海)
こころ筑紫の海に
浪おしわけてゆく
ますら猛夫(たけお)の身
仇(あだ)を討ち帰らずば
死して護国の鬼と
誓いし箱崎の
神ぞ知ろし召す
大和魂(やまとだま)いさぎよし


四、(玄海灘)
天は怒りて海は
逆巻く大浪に
国に仇をなす
十余万の蒙古勢は
底の藻屑と消えて
残るは唯三人(ただみたり)
いつしか雲はれて
玄界灘 月清し

動画へのコメント


この名曲はまず小学校で歌はせるべきだ。中学校で史実を教へ理解を深めさせたうへでまた歌はせるべきだ。


大好き
高らかと始まる金管が、とっても気持ちいい! 直向きに追うクラリネットの音色が、すごく切ない。 出兵する若い兵士と、若い妻を象徴している感じ。


http://omoixtukiritekitou.blog79.fc2.com/blog-entr...                
高3ながらはまってしまった、歴史好きだしね


今の政治家は、簡単に国難という言葉を使いがちです。元寇なんてほんとうに日本が滅びかけた国難だと思います。
日本の軍歌は、浪曲や演歌調のものが多いですが、この曲は珍しく軽快なリズムなので、今でもBGMとかに使えそうですね。


売国凱旋右翼のカス共の野郎に、軍歌=危険思想と印象づけられました


こういう名曲も、聞いてると「軍歌だ 右翼だ」と言われる悲しい時代でございますね

__________________________________


家庭内暴力や泥棒をくり返す大所帯のしなさん宅は、ゴミ屋敷で衛生管理も悪く、何でも手に入れられると自信過剰になって、
苦情があっても近所の家々をおびやかしています。

我が家、日本としては、ケンカは面倒だから避けたいのです。だけど、キチガイしなさん宅がいきなり襲ってきたら厄介なので、
やはり家内安全の備えはせねばなりません。

   【転載】ここまで